プライバシーポリシー

J L E Fサポート サービス会員規約

第1条(目的)

この規約は、一般財団法人Japan Leading Edge Foundation(以下、「本財団」という。)が運営するJ L E Fサポートサービス(以下、「本会」という)の会員の入会、退会及び本会と会員との間の基本的事項に関して定める事を目的とする。

第2条(会員の資格)

会員の資格を有する者は、本会の主旨に賛同し、本会の活動の円滑な実施に協力する外国人であって、本規約に基づき入会したものとする。なお、本規約における「外国人」とは、日本国籍を有しない者をいう。

第3条(本サービスの内容)

本財団が本会の会員に提供するサービスの内容は以下の通りとする(以下「本サービス」という。)。

(1)動画等による情報提供

(2)相談窓口の設置

(3)イベント開催等による交流の場の提供

(4)特典、キャンペーン等の実施

(5)学習サービス(日本語教育、資格試験受験準備等)

(6)外国人在留サービスセンター等他のサービス機関、団体との連携による情報提供

第4条(入会方法)

本会への入会を希望する者(外国人)は、オンラインによる登録申請を行い、会員登録が完了した時点で本会の会員となる。なお会員登録は、原則として専用会員登録フォームで行う。

第5条(登録情報の変更)

会員は、登録情報に変更があった場合は、遅滞なく、登録情報を修正する。また、会員は、当該修正事項に関する資料の提出が必要となった場合には、本会の指示に従いこれに応じることを要する。

第6条(登録取消等)

本財団は、会員が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知又は催告することなく、当該会員について本サービスの利用を一時的に停止し、又は会員としての登録を取り消すことができる。

(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2)登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(3)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると本財団が判断した場合

(4)その他、本財団が会員としての登録の継続を適当でないと判断した場合

(5)6ヶ月以上の本サービスの利用がない場合

⒉ 会員は、本財団所定の方法で本財団に通知することにより、自己の会員としての登録を取り消すことができる。

第7条(料金)

会員はサービスを無償で利用することができる。但し、本財団は、会員が将来にわたって本サービスを無償で利用できることを保証するものではなく、本財団は、あらかじめ会員に対して通知をした上で、本サービスの利用の全部又は一部について対価を定めることができる。

第8条(本サービスの利用)

会員は、有効に会員として登録されている期間内に限り、本規約の目的の範囲内でかつ本規約に違反しない範囲内で、本財団の定める方法に従い、本サービスを利用することができる。

2. 本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、会員の費用と責任において行うものする。

第9条(禁止事項)

会員は以下の行為を行ってはならない。

(1)虚偽の内容を届け出ること

(2)他人名義・他人の個人情報を利用した登録・届出

(3)本サービスの商標権、著作権、その他の権利を侵害する行為

(4)本サービスの転売

(5)第三者を誹謗、中傷する行為および第三者の名誉・信用を傷つける行為

(6)本サービスの運営を妨げ、または支障をきたす行為

(7)他の利用者の迷惑となる行為、または他の利用者に損害をあたえる行為

(8)その他、本財団が不適当と判断する行為

第10条(本サービスの停止等)

本財団は、以下のいずれかに該当する場合には、会員に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができる。

(1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う

場合

(2)コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合

(3)火災、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(4)その他、本財団が停止又は中断を必要と判断した場合

2. 本財団の都合により、本サービスの提供を終了することができる。この場合、本財団は会員に事前に通知する。

3.本条に基づき、本財団が本サービスの全部又は一部を停止・中断又は終了した場合にも、会員は、本財団に対し、損害賠償請求を含むいかなる請求も行うことはできないものとする。

第11条(ダウンロード等についての注意事項)

会員は、本サービスの利用開始に際し又は本サービスの利用中に、本サービスウェブサイトからのダウンロードその他の方法によりソフトウェア等を会員のコンピューター等にインストールする場合には、会員が保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、本財団は会員に発生したかかる損害について一切責任を負わないものとする。

第12条(企画の投稿)

会員は、本サービスウェブサイト又は本サービスにおいて、投稿その他送信した企画の内容及び文章、画像、動画その他のデータが、第三者の知的財産権その他の権利又は利益を侵害するものではないことを保証し、かかる保証が真実でなかった場合には、それにより本財団が被った損害を賠償する。

2. 会員は、本サービスウェブサイト又は本サービスにおいて企画を投稿その他送信する場合には、本財団又は本財団が認める第三者が別途提示する条件に従うものとする。

第13条(免責)

本財団は、会員に対し、本サービスの情報または品質について如何なる保証もするものではない。また、本財団は、会員に対し、本サービスの欠陥およびそれに起因または関連して発生したすべての損失や損害(入力したデータが何らかの原因で消失した場合を含む)について、責任を負わないものとする。

⒉ 本財団は、本サービスの利用に際し、会員がコンピュータウイルス等有害なプログラム等による損害を受けないことを保証するものではない。

⒊ 本財団は、会員が本サービスを利用する際に使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証をするものではない。

⒋ 本財団は、会員が本サービスを利用する際に発生する通信費用について、負担しないものとする。

⒌ 本財団は、会員による本サービスの利用に起因または関連して会員が他の会員または第三

者に及ぼした損害、第三者による本サービスの閲覧等に起因または関連して第三者が会員に及ぼした損害(悪意を持った第三者が何らかの方法で個人情報を収集し、そのことによって、会員が損害を被った場合を含む)および会員と他の会員または第三者との間の紛争について、責任を負わないものとする。

⒍ 本条に規定する他、本財団は、会員の逸失利益、間接損害、特別損害および弁護士費用を賠償しないものとする。

⒎ 会員と第三者との間に紛争が生じた場合には、会員と第三者の間で解決するものとし、本財団は、当該紛争に関して一切の責任を負わないものとする。

8.本財団は、会員の登録情報の変更をせず、登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れにより、当サービスを受領できない場合、一切の責任を負わないものとする。

第14条 (個人情報の保護)

本財団が定める個人情報保護方針に基づき会員の個人情報を管理するものとする。

第15条(規約の追加又は変更)

本規約に定めのない事項については、本財団の理事会の決議により定めるものとする。

2 本財団は、理事会の決議により、特典の内容及び会費を含め本規約の全部又は一部を追加・変更することができる。本財団により追加又は変更された本規約は、本財団のウェブサイト上に掲載された時点で効力を発するものとし、以後会員は当該追加又は変更された本規約に拘束されるものとする。

付則 この規約は令和3年9月1日より施行